どんなプロジェクトが成功しやすいか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、今までどのようにクラウドファンディングに着手すべきかということについて解説していきましたが、ここではどのようなプロジェクトが成功しやすいのかということについて説明させて頂きたくと思います。

多くの人に応援されるプロジェクトとは、いったいどのようなものなのでしょうか?


支援者の主体性を生かす!

支援者が注目しやすい事項は、画像、目標額、そしてタイトルだというお話をしました。
ではなぜ、これらに注目が行きがちなのか?それは、

 ➡ 支援者の主体性が反映され得る指標となり得るからです。

画像やタイトルを見ることで、具体的にそのプロジェクトが行われることで、自分やその身の回りに何が起こるのかを想像することができますし、目標額を見れば、その規模がどれくらいのものかが分かるので、支援をすることで自分がいったいどれだけの社会貢献をすることができるのかをイメージすることができます。

つまり、そのプロジェクトが社会にとって役に立つかどうかということよりも、自分にどのような影響があるのか、自分がどのように貢献できるのかということ対して、支援者の関心は集まりやすいということです。

従って、この支援者の気持ちに配慮することができるかどうかが非常に大切だということになります。


具体的にどうすればいいの?

支援者の主体的な気持ちに沿ったプロジェクトを立ち上げることが大切だといいましたが、
ではそのためには具体的にどうしたら良いのでしょうか?

まず最初に、

プロジェクトの紹介文の中に、プロジェクトの生まれたきっかけや背景について記載しましょう。 🙂 

これによって支援者の共感を得ることで、「自分もそうしたい!」もしくは「自分もそうなって欲しい!」と感じてくれる人が増えれますよね。できるだけ具体的に、かつエピソードを交えた紹介文を書くことで、支援者の心を掴みましょう。

次に、

支援者から支援してもらったお金をどのように活用し、またどのように役立てるのかについて記載しましょう。 😎 

こうすれば、支援者は自分がどのように貢献できるのかについて具体的に知ることができるので、とても安心して支援を行えます。

最後に、

支援者が主体的に参加できるプロジェクトであることを強調しましょう。 😆 

「タイトルの決め方」の記事でもお伝えしましたが。「~してください」と一方的におねがいするのではなく、「一緒に~しませんか?」と協力を募る形でお願いをする方が、支援者は自分もこのプロジェクトを動かしているという一体感を感じ、前向きに支援を行うことができます。


まとめ

クラウドファンディングは、支援者の人に応援してもらうことによって成り立つシステムです。
従って、支援者の立場に立って、その上でプロジェクトを立案することは非常に意味のあることだといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。