クラウドファンディングのこれから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今まで、クラウドファンディングについての情報やノウハウについてお伝えしてきました。
現在、クラウドファンディングについては名前は知っているが、その内容までは詳しく知らないという方が多いようです。 😕

ですが、昨今のコロナウイルスの影響で停滞してしまった経済を再び活性化させようという取り組みが、クラウドファンディングを通じて行われています。

今回は、コロナがもたらしたクラウドファンディングへの影響と、そこから考えられるクラウドファンディングの未来について、考察していこうと思います。


コロナウイルスとクラウドファンディング

コロナウイルスによる日本経済への影響は計り知れないものがあり、特に飲食店やカラオケ、遊戯施設などは大打撃を受けました。持続化給付金による企業や個人事業主への支援も行われていますが、申請の数があまりに多く、審査には莫大な時間を要している模様です。中にはすでに倒産したという企業も現れ始め、事態が落ち着きつつある今もその混乱は収まる気配を見せません。 😥

そんな深刻な事態の中で、倒産寸前の企業を何とか立て直す費用を集めようと、多くの人がクラウドファンディングを利用して資金調達を果たそうとしています。 🙂 

支援を求めてめている企業の多くは飲食店や観光産業の企業です。そんな企業の思いに応えようと、多くの人からの支援が集まっています。もちろん、まだ救われない企業があるのは事実ですが、人が支援という方との投資を行うというクラウドファンディングの仕組みに助けられている企業がたくさんあることも事実です。

また、資金提供という形で社会貢献ができることも、多くの人が支援者になることを選択する理由の一つです。
募金や税金と違い、自分が提供したお金が何に使われ、どういう人の為に役立つのかを知ることができるので、自分が社会貢献をしているという実感が得られやすいのです。👍

クラウドファンディングが崖っぷちの企業を救う糧になっているという事実は、これからのクラウドファンディングの在り方にも影響を与え得るでしょう。


クラウドファンディングのこれから

さて、クラウドファンディングについて様々なことをお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

その何よりもの魅力は、支援者が主体的に社会貢献に寄与できる場を提供できることと、提案者と支援者の双方が利益を得られるような仕組みが整えられている所にあります。

コロナウイルスによってその有用性と将来性が示されたことで、今後様々な場面で応用され、その真価を発揮していく可能性は十分にあるといえます。 😳

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。