支援者との付き合い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドファンディングは支援者のニーズや思いに応えることが何よりも重要だということを、今まで何度もお伝えしていきました。

さて、クラウドファンディングで自分のプロジェクトを支援してくれる人の中には、かなりの高額を支払って支援してくれるという方もいます。そういった人たちは、お金を出してくれるという手段以外でも、様々な場面で提案者の活動を支えてくれます

ここでは、そんな支援者の方々との付き合い方についての話をさせて頂こうと思います。


支援者が支援者を呼ぶ

クラウドファンディングの魅力の一つに拡散力が強いということが挙げられるという話を以前致しました。
今までは、提案者と支援者のつながりのみに注目していましたが、支援者同士のつながりというものもプロジェクトの成否に影響しているということは忘れてはいけません。

特に、高額を払って支援してくれる方は、プロジェクトの公報に対しても積極的に支援してくれる可能性があります。
SNSやブログなどでプロジェクトについての紹介を行ってくれたり、自分の知り合いに広めてくれたりしてくれたりといったことを行ってくれます。

このような支援者の方々と良好な関係を気付くことは、プロジェクトの成功に不可欠といっても過言ではないのです。

また、つながりの深い支援者を確保しておけば、次のプロジェクトを立案した時も支援者となって協力してくれる可能性が高くなります。


具体的に何をすべきか

さて、支援者との良好な関係を維持するために、心掛けるべきこととはいったい何なのでしょうか。色々とありますが、まずは

報連相をしっかり行うということが大切だといえます。 🙂 

あらかじめ資金の使い道についてを伝えておくことはもちろん、支援して頂いたことへの感謝の気持ちをしっかりと伝えましょう。お礼の品・手紙を送るのも良いですし、メッセージビデオなどを撮影するのも効果的かもしれません。

また、支援金が集まってプロジェクトに着手している最中も、その途中経過についてしっかりと連絡する必要があるでしょう。

また、支援者の間でコミュニティを作っておくことも大切でしょう。
現在では「Slack」といったコミュニティアプリも充実していますので、活用してみることをおすすめします。

また、SNSで支援者の質問などを受け付ける機会を設けたりすることも重要です。質問の一つ一つにしっかりと対応することで、プロジェクトを成功させたいという熱意が伝わります。


まとめ

ミスの許されないクラウドファンディングだからこそ、支援してくれる人との関係性は非常に重要になります。クラウドファンディングは支援者と共に造り上げるプロジェクトだということを忘れてはいけないのです。 😛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。