1番最初の「クラウドファンディングとは」という記事で、クラウドファンディングはハイリスクハイリターンな投資方法だという旨のお話をしたのを覚えていますか?

不特定手数の人から支援を得ることができ、共感を得られれば多くの資金を一度に得ることができるという利点がある反面、ミスをしてしまうと多くの支援者を裏切ることになり、社会的信用を失うことにもなりかねません。

ここでは、クラウドファンディングを行う上で絶対に気を付けなくてはならないこと 😡 をいくつか紹介します。


目標額の設定は慎重に行うこと!

さて、もし支援者から目標額の支援金を得ることに成功し、無事プロジェクトに着手できることが決まったとしましょう。
支援者の期待に応えるために、1日も早くプロジェクトを開始していきたいところです

しかし、忘れてはならないことは、

支援金の全てをプロジェクトに活用することはできないということ

です。支援金から差し引かれる費用は
①リターンに充てる費用
②動画制作などの外注費
③サイトの使用手数料
④税金
などが挙げられます。特にリターンは質の高いものも用意する必要がありますので、かなり高額になることが予想されます。
もし、このことを想定せずに予算を立ててしまったら、結局プロジェクトに着手することができず、支援者の皆さんを裏切ってしまうことになります。
SNS等で発信を行っていた場合は炎上して、ネットリンチなどの被害にあってしまう可能性もあります。

従って、支援金から後に引かれる費用もしっかりと加味した上で、目標額を設定しなければならないのです。


信用を守るために

このようなことに陥らないようにするためには、やはり綿密な計画を練った上でプロジェクトを立ち上げることが何よりも大切です。
もちろん、途中で「やっぱりやめます」ということはできないので、最後までやり遂げることを前提とした具体的なプランをあらかじめ立てておくことが重要となります。

また、資金をどのように使う予定なのかということについては必ず支援者に伝えるようにして、資金を使った後には、

支援者に対しお礼と予定通り使わせて頂きました

という連絡を必ずすべきです。

とにかく、支援者とのつながりを大切にし、無理のあるお金の使い方を決してしないことが、支援者との信用を守ることにつながるのです。


まとめ

クラウドファンディングのシステム自体は、現代のネット社会に即した合理的な資金調達システムであるということができますが、 匿名で他人とのお金のやり取りをする以上、気を引き締めて対処する必要があるでしょう。